カンファペット 安全性

カンファペット情報

カンファペットは部屋の中にこもるペットの臭いをとことん消臭してくれる除菌消臭剤です。

しかも、強力な除菌消臭効果で部屋の中のペット臭をなくしてくれるうえ、ペットへの危険性もないから安心して使えるんですよ。

カンファペットの全成分

カンファペット

カンファペットの成分は次の3つだけです。

  • 不純物を除去した純水
  • 次亜塩素酸ナトリウム〈厚生労働省認定食品殺菌剤〉
  • 酸性剤〈厚生労働省認定食品添加物〉

次亜塩素酸ナトリウムは除菌・消臭効果に優れているので、ペットの消臭対策には効果を実感できる成分です。

成分だけをみると、しつこいペット臭でも取れそうな気がしますが、じつは状況によってはペット臭を簡単に消すことはできません。

カンファペットは消毒のような匂い!ペットに危険性は?

カンファペットが消毒っぽいニオイがすると感じるのは、カンファペットに使用されている次亜塩素酸ナトリウムが原因です。

カンファペットに使われている次亜塩素酸ナトリウムは

  • 台所用漂白剤
  • プール
  • 水道水
  • 哺乳瓶の消毒薬

など、濃度を変えて様々な場所で使われており、濃度によって臭いがしない、漂白剤のニオイがしたりします。

カンファペットに使われている次亜塩素酸ナトリウムは、消毒臭がするほどの量は使われていませんので、ほぼ無臭としてして販売されていますが、ニオイに対して敏感は方は、どうしても気になるようです。

また、カンファペットが独特なニオイがする一つ理由として、アンモニアとの化学反応が考えられます。

プールの次亜塩素酸ナトリウムの濃度はかなり薄く単独では匂うほどではなく、プールの匂いは次亜塩素酸ナトリウムを構成する塩素と、汗や尿の一成分であるアンモニアが化学反応して生成されたクロラミンによるものである

引用元:Wikipedia・次亜塩素酸ナトリウムより

実際にカンファペットを試された飼い主さんのニオイに対する感想には

  • 消臭剤じたいの匂いがくさい。薬剤みたいな匂いがした
  • かけた側から水の臭いがします。ペットにも人間にも優しい、というより体にかけても問題ない製品という事で気に入ってます!

カンファペットの消毒のような匂いは、ペットの健康を害するものではないので、安心してお使いください。

カンファペット使用後ペットが舐めても危険性はない

カンファペットは業務用レベルの除菌消臭力がありますが、消臭した後の布製品やケージなどをペットが舐めても体に害はありません。

人は消臭剤を吹き付けた場所を舐めて確認することはしませんが、犬や猫はニオイが変わった場所をしきりに嗅ぎ、さらには舐めて確認することがあります、

また、吹き付けた消臭剤をペットが吸い込んでも健康に問題がないものである必要があります。

カンファペットは、誤ってペットの目や口にはいっても安全なように作られている除菌消臭剤ですので、小動物のニオイ対策にも効果を発揮してくれます。

カンファペットは小動物が空気中に漂うカンファペットを吸い込んでも、健康に問題はありませんので安心して使っていただけます。

関連記事>>>カンファペットの使い方で変わる消臭効果

タイトルとURLをコピーしました